人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 08月 11日 ( 1 )

一緒に泣きまショー、ツアー募集

ブログを書き続けるということは、どうしても自分をさらけ出さざるを得ないわけで、今日も、あえて恥を喋らなくてはならない破目になってしまった。
それは、水族館のイルカのショーのことだ。

これまで、随分あちこちの水族館に行ってみたが、イルカのショーがあるところでは、見なくてもいいと思うのだがついつい見入ってしまい、どうしてかそれを見ていると涙が溢れてきてしまう。
ある時、連れの一人が私の隣に座ってショーを見ていたのだが、ふとその横顔を覗くと私以上に涙をぽろぽろ流していた。
また最近、青森県の浅虫水族館の、年老いて引退していた老イルカが4~5日間の期間限定で復活の舞台を踏んだ話しをTVのドキュメンタリー番組で見ていたら、毎日水族館に通い、老イルカを再訓練をしているところから追っかけている人がいて、毎回私のようにぽろぽろ泣いている姿が紹介されインタビューを受けていた。

私だけではない。
少数ではあるのだろうが、水族館のイルカショーに涙する人が間違いなく存在することは明らかだ。
これがオットセイとかアザラシのショーでは何故か泣けない。
イルカでなければ泣けないのだ。

このブログを読んで、自分もそうだ!という方がいらっしゃったら是非ともお知らせ願いたい。もし同士が集まったら水族館イルカショーツアーを企画したいと思っている。
皆さんが揃えば恥ずかしくはないだろうから、思いっきり泣けると思いますよ。
一緒に泣きまショー、ツアー募集_d0290407_1823693.jpg

by threewedge | 2013-08-11 16:35