人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 10月 25日 ( 1 )

また犬が犠牲になってしまった

2日前、憤りが沸点に達し、つい不謹慎なタイトルのブログを書いてしまった。
食品偽装の話である。
そして今日、アメリカ発のニュースが入った。
アメリカのFDA(米国食品医薬品局)が2007年以降3600頭の犬や猫が、中国製のジャーキーやペットフードを食べて、食欲不振、下痢、腎機能障害などの病気にかかり、約600頭の犬が死亡した、と発表した。
現在、中国当局も協力し原因究明を急いでいるということだ。
ただし、フードメーカーについては公表されていない。

2007年にも、多数の犬が病気で死んだ際、中国製のペットフードの小麦グルテンからメラミンが検出され原因が究明された。その際には、ほとんどのアメリカのメーカーの商品が回収された。
そこで解ったことは、ペットフードがメーカーの生産によるものでなく、大方、受託生産によるものだったことだ。
製造会社は1~2社で同じ小麦グルテンが使用されていたことで、これでは販売会社の宣伝文句を信用してフードを選択していた消費者に対する裏切り行為に等しい。

日本で販売されているペットフードやジャーキーは問題ないのかといえば、同じ中国製の商品が溢れるほど販売されていると思われる。
犬の病気が蔓延している現状を知る立場としては、その原因が、日本の販売会社を名乗りながら、中味は中国産のペットフードやジャーキーではないかと想像するのは、それほど的外れだとは思えない。
by threewedge | 2013-10-25 11:17