人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 11月 15日 ( 1 )

犬は飼い主のウォッチャー

どこぞの大学の教授が、飼い犬の顔とか目は飼い主に似る、という研究を発表したというニュースを目にした。
このようなことは昔から言われたことだと思うのだが、学生による統計学的見地からそのような結果が出たらしい。

永いこと沢山の犬たちと暮らしてきたが、自分はそのようなことに思い至ったことはない。
しかし、100CLUBの仕事を通じて多くの飼い主様にお会いし、その飼い犬たちを見てきた体験上、飼い犬は飼い主の性格に大きく影響を受けるものだという感じを持っている。
犬や猫たちを単に飼育するだけではなく生活までを共にまでする行為は、普遍的な意味においてヒューマニストとしての発露なのだと思っている。
ヒューマニストのもつ愛の概念は、人間と人間の関わりにおいてのみ発現されるものではなく、人間以外の生命に対してもその愛の対象となり得るのだと思う。

平たく言えば、犬や猫たちを愛して止まない人々は、きわめて愛情あふれる人間的な方であるということができるのだと思う。
したがって、人間から一時も離れたがらない犬たちは、否応なくその飼い主様の性格、もっと言えば人格に影響を受けざるを得ない立場にあるといえる。
犬などは、四六時中人間観察をしていて、ときには腹の中まで見抜いているのではないかと思うことすらある、なかなか油断のできないパートナーなのだ。
by threewedge | 2013-11-15 16:35