人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 12月 01日 ( 1 )

犬が、ただならない存在になってきた

犬・猫の食餌については革新から確信に至って、あとは如何に品質の向上を目指すか、そして安定供給を維持できるかという段階になってきていると思っている。

そうなると、今後のライフワークとして旧来の課題であった「人間はどうして犬を飼うのか」ということについての考察を進め、その過程と結論を自分なりに取りまとめておこうと考えた。
自分の能力ではとても叶わない課題であることは承知のうえで、このようなインターネットで、ほぼ毎日のように恥をさらしているのだから、恥のかきついでに躊躇なく取り組んでみようと思っている。

これまで読み漁ってきた犬がらみの書物は欧米の著者によるものが大半だった。
国内の著作物に関しては、平岩米吉以外に思い浮かばないほど少ないのだが、それは、犬の事を文学なり科学なりでまともに捉える者がほとんどおらず、断片的な扱いしかされてこなかったせいだと思う。
平岩米吉は歌人でありながら犬キチで、犬のことばかりに関わる本を多数出版しているのだが、そのことで嘲笑を受けていたところもあり、動物文学というジャンルがあってもいいのではないかと主張し動物文学協会なる団体を立ち上げたりもしたのだが、大きな実績を残したとは言えない。

いま日本では、犬の存在の意味が一昔前とは大きく変化している。
すでに犬の存在は、人間の存在そのものにも重大な示唆を与えているのではないだろうか。
この点については、英、仏、独において、はるかに先進的に、人間にとって犬とはどのような存在なのか深い思索がなされている。
当然そのような思索には、日本人にありがちな情緒的に犬の存在を捉えるのではなく、哲学、文学として深い洞察力をもって語られている。
これからは、この場にそれらの言葉を紹介し、その含むところを学んでいこうと考えている。
by threewedge | 2013-12-01 15:42