人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2014年 01月 31日 ( 1 )

一か月で3Kg痩せた

馬鹿だから風邪などひかないと思っていて、予防のワクチンも打ったことがないのだが、一週間前からインフルエンザにかかってダウンしてしまった。何十年ぶりになるのだろうか、風邪で寝込んだ記憶がない。

ところで、炭水化物を抜いた食事からおよそ1か月経った。
といっても、従来の食事から7割くらい炭水化物が減ったという感じで、どうしても外食になると炭水化物をまるっきり抜く訳にもいかなくなる。
はじめのころは若干食事に神経質になっていたのと、リンの数値が上がってしまったので、そのコントロールに気を使ったが、それも克服したので今では食事に気を使うことなく、自然に炭水化物の摂取が少なくなってきている。
ちなみに我が家では、この1か月の間、飯を炊いたのは一日だけだった。

そこで、これまでの経過報告をすると、まず、体重が3Kg減った。3ヶ月で5Kgを減らそうと考えていたので、1か月で3Kgの減量とは少し驚いている。もうちょっとストイックに炭水化物をすっぱり抜いていたとしたら1ヶ月で5Kgの減量は可能だったかも知れない。
血液検査の結果も、若干尿素窒素の数値が増えたくらいで、ほぼ問題はない。

それにしてもずいぶん身体が軽くなって、階段を上るときでもこれまでのようにしんどくなくなった。これで春になって、あと3Kgも減ったなら、軽くジョギングでも始められるのではないかとまで思った。
ただ、時折無性に腹が減る。ずいぶん腹いっぱい食べたと思うのだが、2~3時間すると腹が減ってくる。
これは、炭水化物は消化時間がかかるため腹もちが良く、炭水化物を抜くことで消化時間が短く済むため空腹感を感じるのではないかと思われる。
消化という作業は身体の中で行われるわけで外からは見えない。見えないからその作業の大変さの様なものは感じず、ただ胸が焼けるとか、もたれるとかいう現象のみを感じているのだが、欲にまかせて雑多な食料を腹に押し込んだあげく横になっていびきをかいて寝ていたとしても、胃腸は長時間大変過酷な仕事を強いられているのだ。
その過酷な長時間労働が様々な疾病を招くことになるのではないか。そういう気がする。

私は肉食動物である犬のために、私自身が肉食を体験することで炭水化物の害を正そうとしているのだが、少なくとも私の体調は良くなってきている。
by threewedge | 2014-01-31 12:29