人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2014年 05月 07日 ( 1 )

ペットフードの不都合な真実(2)

農産物、畜産物(牛・豚・鶏など)、漁業などの業者は、いずれも人間の食糧を意図して生産活動を行っている。
誰一人として犬や猫の食餌を意図して生産活動をしている人がいるはずがない。したがって犬や猫たちの、いわゆるペットフードは、食糧の生産によって生み出された原料ではない。

米国科学アカデミーの原料のトップには動物の死体残留物と明記されている。
牛・豚・鶏などの食肉は、生きている家畜を屠殺して食肉にするのであって、その家畜が飼育中に死んでしまったものは食品にしてはならないことになっている。
この点においても、ペットフードがその原料を明確にできない理由があるのだし、明確にする必要がないという決まりなのだ。

人の食品は、食品安全基本法や食品衛生法等々、厳正な法律によってその安全性が担保されている。
そんな人の食品でも、毎年のように偽装食品問題がニュースになっている。ペットフードにはそもそも安全性を十分に担保する法律など無い。とってつけたような不完全な名ばかりの安全法が最近作られたのだが、メーカー側の都合が優先されたもので十分とは言えない。

「犬の栄養要求量」では、エネルギー、炭水化物、蛋白質、無機質(カルシウム・リン・鉄・銅・コバルト・カリウム・その他)ビタミン(A・D・E・K・チアミン・パントテン酸・その他)という具合に、それぞれの栄養素がどの程度必要で、欠乏するとどうなってしまうかなど、私などがこの資料を読んで内容を理解するには一年掛っても難しい。

難しいのだがよくよく読んでみれば、この研究資料の意図は、人にとって重要な食糧である肉を中心として、食品にならない食材、つまり食品廃棄物を利用して、何とか犬に必要な栄養を確保しようとするものであることが理解できる。
つまり、研究の目的は人間の食糧を確保することが大義であって、その廃棄物の処理コストを犬の餌にしようという画期的なプロジェクトであることが透けて見えるのである。

この話はもう少し続けようと思う。
by threewedge | 2014-05-07 17:38