人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2014年 09月 07日 ( 1 )

犬や猫たちのコモンセンス

この数日、「コモンセンス」という言葉について繰り返し煩悶している。

日本語に置き換えるべきなのだろうが適当な言葉が見付からないため、「コモンセンス」と言っているのだが、正確にとらえているのかどうかも分からない。


何が言いたいのかというと、いわば人間が社会生活を営む上で、常識、価値観、行動の規範などが、最低限共有されていなければ、そこから先の話はいっこうに進まないし、いくら時間をかけても全く意味をなさない。


物事の本題については様々な考え方があることは当然なのだが、それはあくまでも「コモンセンス」を共有していることが大前提でなければ大人の社会関係は成り立たないと思う。

要するに大人になりきっていない人と何かの話を進めていこうとするとき、「コモンセンス」が共有されていないと、小学生の子供と話しているのとなんら変わらないことになるのだから、精神が消耗すること甚だしい。


そんな心境にあるこの頃、ふと犬や猫たちの世界を考えていた。

そして、東京農大の財団「進化生物学研究所」のある学者が、サルなど、群れの動物たちは、群れ、いわば社会を円滑に運営していく方法として、個々の距離感を実に巧妙にとっている、と言っていたことを思い出した。

人間社会では、とりわけ都会では、例えば通勤の満員電車ように人間がこれでもかと車輛に詰め込まれている様子など、動物なら発狂してしまうだろうとも言っていた。

実は人間もすでに発狂してしまっているのかも知れない。


そんなことを考えながら、我がスタッフ犬の「珀」や「雪」、そして5頭の犬たちがいた頃のことを観察していると、そこには犬社会の「コモンセンス」がきちんと機能していて、実に絶妙な小社会を構成しているように感じられる。

人間が犬たちに見習うべきことは少なくない。


by threewedge | 2014-09-07 12:02