人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2014年 10月 10日 ( 1 )

村上春樹またもや賞とれず

1963年5月。モダンジャズのピアニスト、セロニアス・モンクが初来日公演をサンケイホールで行った。

私は19歳で、田舎から汽車に乗って公演を聴きに東京へ出掛けてきた。


その前後、アート・ブレーキー、マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズ、キャノンボール・アダレイ、エラフィッツ・ジェラルド等々、きら星のようなジャズマンたちの来日公演はことごとく聴きに行った。


その中でも、セロニアス・モンクの奇人ぶりは知られていて、順当に演奏がなされるのかどうか、ということも話題になっていたように記憶している。

何曲目だったか、モンクのソロが終わってテナー・サックスのソロが始まったとき、テナーソロのバッキングもしないで、モンクがピアノの席からフラフラと立ち上がり踊りながら舞台を行ったり来たりしだした。

そして、再びモンクの演奏するタイミングになったとき、余りにもピアノから離れていたため、モンクは相当慌ててピアノまで小走りに走って、座る間もなくピアノを弾き始めたとおもうと、やおら肘で激しく鍵盤をたたいた。


奇人、怪僧など、モンクに張られたレッテルはおよそ常軌を逸しているかのようなもので、行動もそうならその音楽性も特異なものであった。

ジャズの中でも、そのユニークさにおいては際立っていて、マイルス、ロリンズ、コルトレーンなど、モンクの影響を受けたミュージシャンは数多い。


モダンジャズの時代において、セロニアス・モンクの独創性は群を抜いていたのである。今でも毎日聴いているジャズの中でも、モンクを聴こうとするときは、特別な頭の切り替えを必要とする。そうしなければ、研ぎ澄まされたような一音一音を迂闊に聴き逃してしまうのではないかと思うからだ。


何でこんなことを書いてしまったのというと、数日前「セロニアス・モンクのいた風景」というタイトルの村上春樹の編・訳本が出てそれを買ったのだ。

そして昨晩その本を読んでいるところTVで、今年も村上がノーベル文学賞に選ばれなかったとの報が流れた。


これからはジャズを書いたものだけでなく村上の、小説も読んでみようかと思った。

どうして毎年賞をとり逃してしまうのだろうか。

賞をもらおうがもらうまいが村上春樹は変わらないし、どうでもいいことに思える。


by threewedge | 2014-10-10 14:59