人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 02月 18日 ( 1 )

「ペットフードで健康になる」を評する Ⅲ

本書で7つの大罪の1つとして、ペットフードに含まれる添加物について書かれている。

油脂、酸化防止剤、合成着色料、着香料、乳化剤、発色剤。さらに防カビ剤、安定剤ゲル化剤、凝固剤、軟化剤、膨張剤などが含まれるという。

この中で特に問題なのが、エトキシキン、BHABHTで、発がん性が疑われる酸化防止剤だ。最近では、この3種については悪名が拡散したので、「自然派保存料使用」とうたってビタミンCEなどが使われているようだが、とてもそのようなものでは酸化防止効果は疑わしい。


ちょっと本書からの話から離れるが、以前「暮らしの手帳」でペットフード数種類の成分分析を行ったことがある。

その結果、エトキシキン、BHABHTなどの酸化防止剤は不使用とうたっていた商品から殆どもれなくそれらの成分が検出された。つまり各メーカーは偽装表示をしていたことになるわけだ。


本書が取り上げた各メーカーは、国産であり無添加ということが条件であったはずだ。

私には国産が良くて輸入が悪いという理屈は良く分からないのだが、坂本さんはそう考え、しかも大きなメーカーは取り上げず、新規参入したばかりの、極端に言えばまだ商品化さえ出来ていない会社もあったと記憶する。


したがって、一部のメーカーは除いて、従来のペットフードに対し批判精神を持って毒性の少ない良心的なペットフードを作ろうと、大真面目に真剣に取り組んでいるメーカーも数社あったように思う。

そうは思うのだが、フードの形態はあくまでもドライフードであり、その素材は厳選されたものであろうとも、油でコーティングした酸化をどのように防止するのか誰も説明はしていない。


坂本さんは、日頃、無添加でなければいけないと言っていて、そのような国産ペットフードメーカーを選びルポして本書を構成した。しかしそのような理想的な、商品は誰にも作れるはずもないのだから、本書は出発点から大きな過ちを犯してしまったのだと思う。

本書は、この手の本にしてはずいぶん売れた。そうなったことで、この本を読んだ読者は大いに混乱し、また現在に至っても、ここに掲載された何がしかのペットフードを与え、そのことで愛犬の調子を悪化させることになった愛犬家は決して少なくはない。


そうなってしまったことは一概に坂本さんの罪だとはいえないところもある。

坂本さんはUMA(Unidentified Mysterious Animal)に大変興味を持っている人で、何とかネッシーに会えないかスコットランドのネス湖にまで行った。

私は、そのネッシー話を徹夜で聞かされうんざりしたことがある。UMA、いわゆる未確認生物に思いをはせる、そういうロマンティストではない自分にとって、まったく興味のない話を徹夜までして聞かされるのは拷問に近い。


このエピソードは坂本さんを辱めているつもりではない。そういう坂本さんのような人が、犬たちのためとはいいながら、余りにも現実的で夢のかけらもないようなペットフードなどにのめり込んでしまったことで、ミイラ取りがミイラになってしまったのではないかと思っている。


by threewedge | 2015-02-18 18:04