人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 03月 09日 ( 1 )

「ペットフードで健康になる」を評する Ⅶ

本来、犬や猫たちにとって必要のない栄養成分である炭水化物=糖質てんこ盛りのペットフードと呼ばれている飼料によって、多くの犬や猫たちが糖尿病合併症に苦しんでいる。


そして、おかしなことに、そのようなフードによって引き起こされた疾病に対し、療法食というたんぱく質を制限したフードが用意されている。

糖尿病を引き起こすフードのメーカーが、それではと、まったく同じメーカーがたんぱく質制限の療法食というペットフードを販売している。


おかしな話ではありませんか。

こういうのをマッチポンプというのではないだろうか。


NRCでは、高齢犬になったら、たんぱく質を50%増やすことを推奨している。しかし、糖尿病になってしまっていれば、たんぱく質を増やしたくても、むしろ制限しなければならないのだ。


それでは手作り食ならばどうなのか。

これもやはり炭水化物=糖質がてんこ盛りなのである。


例として手作り食のレシピの定番である豆腐のおからは、豆腐の糖質が100g中0.8gに対し100g中6.4gと圧倒的に多く含有されている。カリウムも豆腐100g中85mgに対しおからは100g中230mgと多く含まれている。


それに加え、お米、パスタ、サツマイモ、ニンジンなど、人間でも糖尿病になりかねない食材を犬や猫のごはんと称して推奨している、なんちゃって栄養士や獣医が多くいて、出版やセミナーを開いているが、これほど炭水化物=糖質過多の食材を肉食動物に与えたのでは、犬や猫たちを健康に育て上げるのは不可能だといわねばならない。


犬や猫たちは、食品廃棄物(穀物、家畜、水産物など)をリサイクルし活用してくれることにおいて大きな貢献をしている、しかし一方では、必ずしも肉食動物本来の食性に適っているとはいえない飼料を与えられることによって、多くの犬や猫たちが病に冒され苦しむことになり、その飼い主さんもまた長い期間治療費に悩まされることになる。


私は、仕事柄そのような悲劇を嫌というほど見せられてきた。

今2頭のスタッフ犬がいる。

もう10歳を超え、用賀に来てからまもなく6年経つ。

この間、獣医さんにかかったのは何回だったのか記憶が定かではない。


犬や猫たちの病気の原因はさまざまかも知れないが、これだけ長いこと多くの犬を飼育してきた体験上、毎日、一生食べ続ける食餌が適正なものであるのかないのかということが、大きなファクターであることに疑う余地はない。


by threewedge | 2015-03-09 18:45