人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 04月 15日 ( 1 )

生命に託された使命

もし、私たちの身の回りに犬や猫がいなかったとしたら、何とも殺伐とした生活になってしまうのではないだろうか。
また、もし私たちの目に毎日触れる花や樹がなかったとしたら生きる道標を失ってしまうのではないだろうか。

ありがたいことに、私には毎日一緒に暮らす犬がいるし、一年の季節を知らせる花や樹に囲まれた大いに恵まれた環境にも暮らしている。

東京のような都市にとって、公園の存在は大変ありがたいもので、良く手入れの行き届いた花や樹が目を楽しませてくれる。砧公園では1万本以上もの樹木があるのだそうだ。
毎日それを漫然と眺めているだけでは能がないと思い、先日公園の管理事務所を訪ね、公園に植樹されている樹種の地図がありませんか、と聞いてみた。

すると事務所の受付にいた女性が、4枚ほどの資料をコピーしてくれた。
そこには、公園の何処にどんな樹種が植樹されているのか、100種くらいが示されていた。
毎日公園の中を通っているのだから、これらの樹の1年間の姿を記録してみたいと思い立ったのだが、果たして貫徹できるかどうか自信はない。

生命に託された使命_d0290407_17552700.jpg


ところで、犬も猫も、花も樹も、人間が適正な管理をしなければまともには育たない。

例えば、桜の名所といわれるところでは、何人もの桜守が年中管理を怠らない。

本当の自然林では、倒木更新や山火事など、また野生の動物では自然淘汰といったように、自然の摂理にしたがって輪廻転生が脈々と流れている。

しかし、一度人間が関わった自然、つまり、犬や猫たち、そして公園の樹木や桜などのクローン樹は、徹底的に手を掛けなければその生命を健全に保つことは適わない。


適正に手を掛けるということは、言い換えれば技術ということであり、巧拙が伴うことになる。

犬や猫の飼養にも巧拙があり、健全に育てることが巧みな飼い主であれば、犬も猫も立派で生涯健康に育つのであり、花も樹も、巧みに丹精を込めれば美しい花を咲かせることができるし、樹勢の乗った樹にも成長するのだ。


自然の生命に手を掛けるということにおいて、その結果責任は、すべて私たち人間に託されていている。

その技術の巧拙、愛情、情熱など、そういった要素が、私たちを限りなくなぐさめてくれる生命の命運を担っているといって過言ではない。

それらの1点でも欠けていれば、自然に手を掛けることなど、やってはならないことなのだと思う。


by threewedge | 2015-04-15 17:57