人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 04月 26日 ( 1 )

馬肉に匹敵する食餌とは

以前、3ヶ月ほど米を抜いた食事、つまり、カーボーハイドレート(炭水化物)を食べずに過ごしたことがある。
目的はダイエットではなく、「炭水化物が人類を滅ぼす」という本に影響を受け、ちょっと犬や猫の気分になってみようと思っただけだ。


その結果、3ヶ月で6Kg痩せて、ずいぶん楽になって喜んでいたところ、4ヶ月目で正月が来て、大好きな雑煮をたらふく食べてしまい、すっかり米好きが戻り2~3Kgリバウンドしてしまった。


最近アメリカでは、小麦や大麦、ライ麦などを使った食材であるパン、パスタ、ピザ、クッキー、ホットケーキなどを食べないグルテンフリーが大流行しているそうだ。

アメリカでも日本でも、健康志向、美容思考がきわまった感がある。


馬肉に匹敵する食餌とは_d0290407_14420543.jpg

このような傾向を良と捉えるのか否かはそれぞれの選択で、人間の食に関しての意見は持たないが、犬から目線で考えるならば、肉食動物なのだから、いわばグレインフリー、シュガーフリーの食餌が望ましいことは当然なのである。

その食材なのだが、生のまま食べられる食肉については、馬、鯨くらいしか考えられず、鹿、いのしし、ラム、そして牛、豚、鶏もまた、生で与えることが出来ない。

しかし馬肉が、ここまで品薄になり、高騰している状況を考えると、今から馬に変わるべき食材考え、備えをしておかねばならないと思っているのだが、新たな商品を作るとなるそれは簡単なことではない。


今一番欲しいのは、何よりも自身の若さである。

若いときなら、この問題を解決すべく、寝る間も惜しんで日本中を駆け巡って、何が何でも商品化することができたと思う。

今の自分は、何をやるのもこれまでの5倍の時間がかかり、下手をすると、最初の過程で何を考えていたのか、はじめから考え直さなければ忘れてしまうのだから、堂々巡りで一向に事が進まない。


こんなことをしていると、犬や猫たちに理に適った健康食を充分に与えたいという理想を実現することが出来ないまま終わってしまう。

馬肉が必要充分入手できるならそれでいいのだが、いつもたらずまいである以上、馬肉に同等の商品をどうしても作らねばならない。


by threewedge | 2015-04-26 14:35