人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 05月 15日 ( 1 )

食性を変えられてしまったペットの悲劇

犬や猫たち、そしてその仲間たち、つまりネコ目の動物たちの胃腸を解剖し分析すれば、生前その子たちがどんなものを食べていたのかが分かる。

ここで大事なことは、同じ肉食動物の仲間であるのに、ペットとなってしまった犬や猫たちの胃の内容物と、野性や動物園の仲間とはそれがまったく違うことだ。


ネコ目と分類されているということは、その食性が肉食動物、つまり捕食動物であるということで一致しているグループということなのだから、その生息地域の違いがあろうとも、胃腸の中のものはすべて捕食されてしまった動物の未消化部位が出てくる。

ここでは、間違っても米や小麦など炭水化物、トウモロコシやサツマイモと言った穀物などはまったく出てこない。


ところが、ペットして育てられた犬や猫たちからは米や小麦など炭水化物、トウモロコシやサツマイモなどの成分がたっぷり出てくるのである。

この結果は何を示すのだろうか?


食性を変えられてしまったペットの悲劇_d0290407_14584629.jpg


また、この地球上の自然の生命は、食物連鎖、自然淘汰という法則にのっとって進化を遂げてきた。


その法則を打ち破ってしまったのが、どうやら私たち人間のようで、言いだしてみれば切りのない話になってしまうので止めておくが、犬や猫の食性を無理やり変えてしまったという暴挙はどうにも許しがたいし、現代においては、犬や猫たちの存在が、巨大なマーケティングのツールとなってしまった。


食性に適った食を与えられないという悲劇をこうむった動物は、ペットになった動物の中でも犬と猫たちが特筆すべき存在ではないだろうか。

熱帯魚、金魚、猛禽、蛇などのペットは、犬や猫たちに比べればはるかに全うな食餌をしている。


by threewedge | 2015-05-15 14:41