人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 06月 01日 ( 1 )

犬の海外移住

昨日、7~8年間、毎月1度ショップに見えていたお客様が、ご主人の転勤でコロンビアへ引っ越すことになって、最後のご挨拶に見えられた。

Nさんは、2頭の犬を飼育されているので、その愛犬もコロンビアに移住することになる。


コロンビアへは飛行機の直行便がないため、アメリカ経由、もしくはヨーロッパ経由のいずれかのルートを選ばなくてはならない。

Nさんが選んだのはヨーロッパ経由のルフトハンザドイツ航空で、すでにコロンビアに行かれているご主人が2頭の犬のために、迎えにいらっしゃるとのことだ。

アメリカ経由でなくヨーロッパ経由、そしてルフトハンザドイツ航空を選択した理由は、犬たちへの検疫をはじめとする様々な負担を軽減することを優先した結果であると伺った。航空会社の犬の扱いもルフトハンザがとても優しいのだそうだ。


犬の海外移住_d0290407_16275289.jpg

犬を飼育している過程で、人間側に様々な事情が生じる。

それが、当然予測されているものと、想定外の事情が生じることがある。そんな時、犬、あるいは猫をどうしようか、という課題の解決に迫られることになる。


事情によっては、そこから先の飼育が困難になってしまうことも少なくない。

そんな時どうすれば良いのだろうか。

あらゆるケースに備え、用意万端に整えている方もいれば、事が起きてからどうしたらいいのだろうと、慌てふためく方もいらっしゃる。

人も犬や猫たちも、どちらも多分に不確定要素を抱え込んでいる生き物同士なのである。


ところで、しばらくの間、Nさんとも会えなくなってしまう。

その挨拶に来たNさんが最後に言った言葉が私の心に染み入った。

「ラッキーもおかげさまで14歳になりましたが、かなり目が見えなくなっちゃって。そんな状況なのでもう日本には帰れないでしょうね。」

いつものように、Nさんは明るく笑いながら言った。

これからコロンビアに赴任して、一体いつ頃、また日本に帰られるのだろうか。

ラッキーも日本には帰れないかもしれないが、Nさんが日本に帰ってきたときには自分もいるのかどうかわからないなぁ。

昨日から、ずっーと、そのことが頭から離れなくなってしまった。


by threewedge | 2015-06-01 16:19