人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 06月 07日 ( 1 )

アミノ酸スコア100の食餌

犬や猫たちにとって適正な食餌って何だろうと考えたとき、最初に考えることは、彼らはネコ目(肉食動物)イヌ科、そしてネコ科と分類されている動物であることを念頭に置かなければならない。

このことを言い換えれば、捕食動物であるということになる。


捕食動物である猫は、もともと捕鼠能力を見込まれて人間社会の一員になった。

私の子供の頃は、鼠を捕まえない猫は馬鹿猫だとみなされていた。

夏目漱石の『吾輩は猫である』の一節には

「・・・・・来客の一人に泥棒はともかくネズミを取らない猫は、鍋にして食うしか役に立たないといわれて・・・・・」

とある。

今では鼠そのものが一般家庭にはいないし、鼠を捕まえて食べなくても、一見、上等な食餌が朝に晩に与えられ、猫も、その本来の役割は免除されている。


犬も、狩猟の衰退とともに、勢子(獲物を駆り出し射手の補助をする)の役割もほとんどなくなって、猫とともに愛玩動物として第1位の座を獲得するに至って、これまた食餌なども本来の獲物とは似ても似つかないペットフードという餌を与えられることになった。

その餌は、犬や猫の本来の食性に基づいた食餌とは程遠いものになってしまった。


私は、ここで愛犬、愛猫家の皆様に提唱したいことは、愛して止まない子達には、ぜひ彼らにとって、その食性本来の食事を与えてください、ということだ。

アミノ酸スコア100の食餌_d0290407_17432368.jpg


ここでアミノ酸スコアについて書きとめておく。

それぞれの食品のアミノ酸の構成を比較して栄養価を判定した数値のことで、100に近いものほど良質なたんぱく質食品ということになる。


アミノ酸スコアが100点満点の優等生といわれているのが卵で、100CLUBのサプリメント「100%SUPLI・アミノ酸」の必須アミノ酸の配合比は、卵のアミノ酸スコアに沿って作られている。

卵から雛が生まれるのだから、卵には生命に必要なすべての要素が詰まっているということになる。そして、雛から成鳥になっても、その一生命体のアミノ酸バランスは、天然においてはバランスが整っているといって良い。


天然においては、と断った理由は、特別な飼料によって育てられた家畜などでは、そのバランスが100とは言えないものもあるのではないかと思うからだ。

この点において、馬がその生理上、特別な飼料であるとか環境(過密、加温)では、その飼育が困難となるところから、きわめて自然な環境におかれた家畜であるため、あらゆる部位を集めれば、アミノ酸スコアはほぼ100に近い数値を示す。


来週発売予定の新商品は、世界3大漁場の一つ、三陸から水揚げされた飛び切り新鮮な「鰯」「鯖」「秋刀魚」を丸ごと使用した3種のレトルトパックだ。

ここに、魚を丸ごと使用することの意味は、アミノ酸スコアを100とすることを目標にしたことだ。

そして尚且つ、必要のない食材は一切使用しないことも100CLUB主義といって良い。

明日には、新商品の詳しい説明を加えたいと思っている。


by threewedge | 2015-06-07 17:40